【徹底分析】信頼性の高い第三者機関をまとめてみた

オンラインカジノの信頼性の証明となる第三者機関

そもそも第三者機関とは

第三者機関はカジノを検査する機関で、カジノライセンスを取得したカジノを定期的に調べるのが役割です。主な検査内容はカジノゲームの信頼性で、不正な操作がなされていないか徹底的に検査されます。検査を終えると認定書やレポートが提出されるので、一般的なユーザーも信頼性を確認することが可能です。カジノによっては認定書やレポートを公開しているところもあり、検査内容を詳細に知られるのもメリットです。

カジノゲームの信頼性に関しては、RNG(乱数発生装置)なども検査対象となります。そこでは出目のランダムさの信頼性が確保されているか、専門家による詳細な調査がなされるわけです。第三者機関はカジノゲームの信頼性だけでなく、プレイヤーへのサービスやサポート体制に関しても調査します。

第三者機関によってチェックする項目は異なる

第三者機関が検査する主な項目はゲームの公平性やプログラムの異常などで、どの第三者機関でも信頼性をメインに実施されるものです。但し第三者機関のチェック項目は、それぞれの機関によっても異なる傾向があります。中には支払いやカスタマーの応対、運営会社の預金など内部を調査する機関もあるのが分かります。他にもギャンブル中毒のケアやカウンセリングなどを調査する機関もあるのが特徴です。第三者機関はオンラインカジノに対して、信頼性あるカジノの運営を求めています。

特に信頼度が高いのはどこか?

eCOGRA(イーコグラ)は、正式名称が「eCommerce and Online Gaming Regulation and Assurance」となります。イーコグラは2003年にイギリスで設立された第三者機関で、オンラインカジノの業界で最も有名な検査機関の一つです。TST(Technical Systems Testing)は1993年創立の審査機関で、世界で最も信頼性の高い機関の一つです。TSTはGLI(GamingLaboratoriesInternational)の傘下でもあります。その他、iTechLabsなどの審査機関があり、サイトではそれぞれの検査項目を紹介しています。

コチラの記事も注目⇒「【ランキング】安全性の高いオンラインカジノ」

どこの審査を受けたか確認する方法

第三者機関による審査に関して、ベラジョンカジノを参考例にスクショを利用して説明します。審査の認定書やレポートは、主にサイトのフッター部分にあるのが一般的です。そこにはロゴが表示されることもあり、一目で何処の審査機関か分かるものです。中には証明書のリンクなどが貼られていることもあり、信頼性が担保されているわけです。基本的には英語で書かれていますが、日本人ユーザー向けに翻訳を掲載しているオンラインカジノも少なくありません。

【徹底分析】信頼性の高いカジノライセンスをまとてみた

No.1はどこ?信用できるカジノライセンス

カジノライセンスとは

カジノライセンスは、カジノが合法な国の政府が公式に発行するライセンスのことです。カジノライセンスを取得するには審査が必要で、身元が確かな信頼性の高い運営会社でなければ審査にパスしません。ライセンスは交付や更新の際に料金支払う必要があるので、信頼性の高いのオンラインカジノでなければカジノライセンスを維持できないものです。

但し、各国によって審査基準やライセンス料が異なるので、どの国のライセンスであるかが重要なポイントとなります。審査の厳しい国のライセンスを取得している信頼性の高いサイトであれば、ユーザーは安心してカジノゲームを楽しめるものです。健全なカジノライセンスでは、運営会社は定期的又は抜き打ちでチェックされます。

コチラの記事も注目⇒「【ランキング】安全性の高いオンラインカジノ」

ヨーロッパ系のライセンスは信頼度が高い

カジノライセンスでは、イギリスのイギリスギャンブリングコミッションやマルタ共和国のMGA、ジブラルタルのジブラルタルライセンスは信用できるライセンスと言えます。これらのライセンスは審査の難易度が高いので安心でき、不正などが介入する心配もありません。その中でもマルタは審査が厳しく、ジブラルタルは過去の実績を重視するので特に安心です。オンラインカジノは実績が重んじられており、長年にわたり運営されていることが信頼性につながっているものです。オンラインカジノに何かトラブルが起きれば、直ぐにネット上で話題に上るわけです。

カナダも信頼は比較的高め

カジノライセンスはイギリス系の信頼性が高いですが、カナダのライセンスも比較的に信頼性が高いと評されます。カナダのカナワケライセンスは2年ごとに更新されるので、短いスパンで更新が必要なので比較的安心できるわけです。更新期間が長いと、仮に何か問題が発生してもライセンスの有効性が維持されてしまうからです。ライセンスは、オンラインカジノが合法的に運営されている信頼性の高さを証明するものです。合法的に運営されていなければ、そのオンラインカジノのユーザーも違法となる恐れがあるわけです。

中南米系のライセンスは信頼度が低い

カジノライセンスの中には、信頼性が低いものも少なくありません。例えばベリーズ、コスタリカ、パナマなどは信頼度が低いと言われています。それは、審査が緩くライセンス料さえ払えば取得できるからです。一方、信頼性の高いカジノライセンスでは運営者の確認や運営企業の経歴や敬意、そして運営企業の背後関係まで全部調査がなされます。最近は個人情報の管理も重視されており、セキュリティの信頼性に関しても厳しくチェックされます。