【徹底分析】カジノ法案とは何か?法案の詳細、カジノの候補地、最新情報まとめ

カジノ法案の詳細をまとめてみた

そもそもカジノ法案とは何か?

ここでは、カジノ法案とは何か?また法案の詳細やカジノの候補地、最新情報などを紹介していきます。カジノ法案とは、推進法は2016年12月に公布された法案で統合型リゾートの設置を推進する基本法のことです。カジノ法案の正式名称はIR(統合型リゾート)法案といい、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念を基本方針としています。カジノ法案は。「カジノ施設」及び「会議場施設」「レクリエーション施設」「展示施設」「宿泊施設」その他の観光に寄与すると認められる施設が一体となっている施設であって、カジノを合法化する法案ではない。そのため、統合型リゾート施設内にカジノ施設が含まれているだけと言えます。
コチラの記事も注目⇒「【ランキング】安全性の高いオンラインカジノ」

IR推進法案とIR実施法案

カジノ法案は、主に観光及び地域経済の振興に寄与し、財政の改善を目的にしています。カジノに関する法案は別に制定されることになっていて、「ギャンブル等依存症対策基本法」などもその一つです。実施法は2018年7月に公布された法案で、設置場所、入場料、カジノの制限などをまとめる法案で、政府は外国人観光客を呼び込む切り札として位置づけている。このように、カジノ法案は成立されたものの、2020年8月現在では、統合型リゾート(IR)の整備計画が立ち往生しています。新型コロナウィルスの3密にも当てはまる施設であることと、IRの認定基準に関する基本方針の決定の見通しも立っていないからです。

カジノの候補地はどこ?

カジノ法案とともに、IR誘致の動向を紹介すると、誘致を表明しているのは「横浜市」「大阪府・大阪市」「和歌山県」「長崎県」となっています。「北海道」と「千葉県」は当面見送りで、「東京都」は態度を表明していません。「愛知県」に関しては、誘致を検討中と報道されています。このように、2020年半ばの営業の見通しは立っておらす、その原因にギャンブル依存症や治安の悪化などの懸念です。カジノ法案は成立されても、オープンまでの道のりは長く法律やインフラの整備に時間が掛かる為に、オープンは2024年か2025年ごろになるようです。

現状はどうなっているのか?

候補地で有力なのは、「横浜」「大阪」「長崎」などです。横浜は港町のイメージもあり、マカオや中東と重なる部分もあると言えるのではないでしょうか?カジノ法案が「カジノを運営する」という内容であるのに対し、さらに具体的な制度などに踏み込んだのが「IR実施法」です。IR実施法では、カジノ事業免許・入場料・入場制限・カジノ管理委員会の設置などについて定めています。カジノ法案と同じく、使用機器のメーカーの選定や技術的な話も詰めなくてはならず、オープンはかなり先となりそうです。